協会概要

協会概要

ごあいさつ

心理マリッジカウンセラー®とは、結婚後の生活全般を心理面からサポートすることを職域として、特に結婚生活適応力向上に力を入れ、離婚者を減らすことで、親の離婚で一人親になる子をなくすことが大きな活動目標です。

また、「問題のない家庭はない」言われるほど家族・家庭は悩みの内容は異なりますが大変な思いをしています。その問題として「夫婦関係」、「家庭問題」、「子育て悩み相談」「離婚悩み相談」等があり、各分野の専門家として活動できるカウンセラーを養成し資格を認定しています。

今、国は少子化対策として婚活をサポートすることで結婚する方たちを増やそうとしています。また、結婚早期(5年以内)離婚者の多いことから現在の離婚件数を半分に減らそうともしています。このことを踏まえて、当協会はこれらの支援を手掛ける「心理マリッジカウンセラー®」を平成30年4月から養成講座を開始しています。

日本マリッジカウンセラー資格認定協会
理事長 遠藤 壽彦

 

養成講座の資格の種類

養成するカウンセラーの種類

・二級心理マリッジカウンセラー
・一級心理マリッジカウンセラー
・上級マリッジカウンセラー

 

活動の内容

二級心理マリッジカウンセラー

自己の業務への反映を目的に役立つ知識スキルを身に付けたカウンセラーとして活動します。

 

・二級心理マリッジカウンセラー

結婚生活全般の悩み相談を受けるカウンセラーとして活動します。

 

・上級心理マリッジカウンセラー

上級心理マリッジカウンセラーは心理マリッジカウンセラーをスーパバイズできる資格であり、より専門性に特化した範囲での高度な知識スキルを持つカウンセラーとして活動します。また、二級心理マリッジカウンセラーの養成もできる資格ですので「先生」になっていただき志を同じくする方たちを増やしていただきたいと思います。

 

資格取得後の活動

資格取得者は(一社)日本結婚カウンセリング協会の会員として活動します。

 

資格取得者の研修会等支援

当協会の認定するカウンセラーに対しては(一社)日本結婚カウンセリング協会と共同して研修会等を実施し、職務能力の向上を図る。

 

資格の更新

資格の更新は2年としました。時代の流れに対応したカウンセラーの育成を使命としています。なお、年会費は廃止しました。

 

役員

会   長
理事長 遠藤壽彦:臨床心理士・日本プリマリタルカウンセラー資格認定協会理事長
副理事 飯田 敏博:上級心理マリッジカウンセラー
理   事 福富 孝至:臨床心理士

 

ページトップへ矢印